タイミングを見てみよう

時代の変化というものでしょうか、近年転職というものは珍しいものではなくなってきました。転職する理由としては人それぞれ様々でしょうが、どんな人であれ転職を考えていると、その人にとってベストなタイミングで動きたいと思うのは当然ですよね。どんな人でも、いつ動くべきなのか、今でいいのかどうか、悩みながら転職活動をしていると思います。転職をするタイミングはいつがいいのかという点についてははっきりした答えはないのです。それぞれの置かれている状況、社会の状況によって異なってくるためです。

分野や職種、若手なのかベテラン層かによっても違いますし、その時の社会情勢や経済状況によっても転職市場の様相は変わります。

1年のうちで見ても、以前は人事異動が行われる4月や10月ごろが転職市場も活発化し求人も多くなる傾向でしたが、最近では通年採用が一般化しているためあまり変化はないようです。新卒で入社し、希望の業務内容と違うために短期間で辞め転職をする若手社員もいますが、今いる会社で本当に希望の仕事が出来ないのかどうかきちんと考えることも大事です。短期間での退職は転職市場での印象は良くありません。

管理職の人は、昇進後の実績を積まないと転職時の評価が下がってしまう恐れもあります。

転職をしたくなったときは、あるいは将来転職を検討している人は自分にとって転職という選択がベストな選択肢かどうかを考えることが重要です。社内での異動の方がキャリアアップにつながったり、年収アップをすることもあります。必ずしも転職によって年収アップが約束されていません。

今現在の自分のキャリアやスキルと、未来の自分をしっかりと整理しておくことで、今の自分がやらないといけないことが見えてきます。その上で転職することが最適だと思ったのであれば求人の見方も変わってきます。そのときが転職すべき良いタイミングなのではないでしょうか。今回転職に関するお話を集めましたので是非ご覧ください。